正しい方向

ちょっと貧乏くらいが生活苦しくても家族団結して幸せだったりね。「ふつうの家庭」ってどんな家庭 「ふつう」について考える下の子が小学生のとき、学校で「将来どんな人になりたいか」を書かされたとき、「ふつうの大人」と書いていた。ある意味、核心を突いているし、ある意味、かなりの難題。…でも奥様は魔女だったのです。娘は父を避けるうえに、腐女子。息子は前髪ヘアで売り専でバイト。父は女子高校生が好きで、母親は韓流スターにハマる。ん?  なにが言いたいんだ? …この記事は。家庭に対する普通は、いつの間にか現実的な理想に置き換わっている気がする。今日みたいな日に子供と花火で楽しんでる家庭。通りすがりのライダーが一番うらやましく思う光景。特に金持ちでも貧乏でもなく、家庭内に大きな問題もなく・・・かなぁ?そういう意味だと、私が育った家は、普通ではなかった。激貧だったので。「四人家族で夫婦共にアラサーで子どもは男女ひとりずつ。マイホーム計画中の賃貸暮らし。

マジックボール フランフラン